ストレス診断で心の状態を調べる|究極の精神安息術を指南

セロトニンの必要性

顔を覆う人

セロトニンは脳を強くする

ストレスを強く感じてくるようになったり、最近何もかもにやる気が出なかったり、興味がわかなかったりするときは、セロトニンが脳内に不足してしまっている可能性があります。セロトニンが脳内に少なくなってしまうことでストレスを感じやすくなり、身体にまで影響するようになります。その身体的な影響といえば、体が重だるく感じて動くことが億劫になることや腹痛やめまいが発症することでしょう。また、その他にも、頭痛や吐き気がしたり、摂食障害が引き起こったりするなど、精神的なつながりから身体的な症状はいろいろと出てきます。セロトニンが脳内に分泌され増えていくことで、ストレスに強い脳になっていき、精神的にバランスが整うようになります。ストレスを感じたとき人間は、血圧や心拍数を上昇させていきます。それは、交感神経系の働きが高まることから出てくるものなのですが、その交感神経ばかりが働くようになると副交感神経とのバランスが整わなくなり心のバランスを崩してしまうようになるのです。そのバランスが強く崩れてしまうことで自律神経失調症やうつ病へとつながってしまうようになります。そのような病気にかかり病院で診断されると治療を行なわなければなりません。セロトニンを増やす方法の1つに太陽の光を浴びることが伝えられています。太陽の光を浴びるだけでセロトニンは脳内に分泌されるようになります。しかし最近では、仕事や学業などで室内で活動する人が多くなり、太陽の光を浴びなくなってきていることがあります。そのような場合は、せめて食材だけでもセロトニンを分泌させられるものを摂取すると良いです。

脳に良いと話題を呼んだ油

セロトニンが不足して自律神経失調症やうつ病を発症してしまうと、今度は仕事や生活に支障をきたし、治療に専念しなければならなくなります。自律神経失調症の場合は病院で診断してもらうと薬物療法やカウンセリングが主となりますが、ほかにも音楽療法やアロマセラピーで治療を行なうこともあります。うつ病だと診断されれば抗うつ薬を処方され服用しながら治療をしていきます。しかし、最近では認知行動療法という面接で対応していく治療法も出てくるようになってきています。病気になれば病院で診断してもらって治療を行なうことはできますが、できれば予防したいものと感じる人は多く存在しています。そのためにもセロトニンを増やす方法を普段の生活のなかで取りいれていかなければなりません。太陽の光を浴びる時間が少なければ、食材で取り入れる方法がありますがその1つに亜麻仁油やえごま油が話題を呼んでいます。亜麻仁油やえごま油にはオメガ3脂肪酸が含まれており、その成分がセロトニンを脳内に分泌させる役割を果たしてくれるのです。オメガ3脂肪酸を摂取することでセロトニンの働きを高め、ストレスに強い脳にしてくれます。亜麻仁油やえごま油以外に魚を食べるのも効果があります。魚にもオメガ3脂肪酸が含まれているので普段の食生活に取り入れると良いです。ストレス社会とよばれている現代では、ストレスを感じることがごく普通にあるものと考えられがちです。そのためにもセロトニンを分泌させ、ストレスに強い脳にさせていくことが必要となるかもしれません。