ストレス診断で心の状態を調べる|究極の精神安息術を指南

神経が緊張して不眠症に

相談

熟睡できるようにする方法

ストレスから睡眠障害を引き起こしてしまうことがあります。睡眠障害が生じた場合、朝と夜が逆転してしまう人も多くおり、仕事中や学校の授業中にうとうとと眠ってしまうこともあります。症状の進行がひどい人の場合は、突然気絶するかのように倒れて眠ってしまうこともあるほどなのです。また、眠っている途中で目が覚めてしまう中途覚醒を引き起こしたり、眠ってから短時間で目が覚めてしまう早朝覚醒を引き起こしたり、眠ったはずなのに睡眠が浅すぎて熟睡できない熟眠障害なども睡眠障害となっています。ストレスが溜まってしまい、生活習慣が乱れることで睡眠障害を引き起こしてしまうこともあります。万が一、気絶するように眠ってしまう状態となってしまえば、仕事や生活にも支障をきたしてしまうようになります。そのような場合、早急に病院で診てもらわなければなりません。病院で医師から睡眠障害と診断されれば、その症状に適した治療を進めていく事になります。ストレスによる不眠の多くは、短期不眠である場合がよくあります。長期間ストレスが溜まってしまうことから、神経が張って眠れない状態を引き起こしてしまうのです。そこで、行なってはいけないが、アルコールを摂取して眠気を引き寄せようとすることです。かえって身体の疲労を溜め込んでしまうようになるのです。もし、病院で診断され睡眠導入剤を処方される場合は、アルコールを摂取してはいけません。そのほか、コーヒーや紅茶を飲むことが多いのであれば、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは目覚めの効果があるのでできるだけ控えなければなりません。夜眠れるようにするためにも、できるだけ朝目覚めるようにし昼に少しの時間でも運動をして、眠る前にアロマセラピーで良い香りに浸ったり、お風呂でリラックスするなど、神経をほぐすことが大事です。

睡眠障害の症状の特徴

アロマセラピーもお風呂でリラックスすることもストレスを緩和させるのには最適な方法となり、最近では睡眠障害となっていなくても、眠る前にアロマセラピーで良い香りを引き立て眠るようにする人も多くなってきているのです。ストレスによる不眠症は神経が張った状態から起こり、目を覚ましてしまいます。仕事や受験でのプレッシャー、家に帰っても解放感が得られなかったりすることでも気持ちが休まることがないため眠れないようになることもあります。もし睡眠障害がひどくなって病院で診断されれば、それに適した治療を行なうと先ほど述べましたが、睡眠導入剤を処方されるほかに、光療法を行なうこともあります。睡眠障害は夜目が覚めてしまうことが多く、朝になると眠気がやってくるようになります。人によっては昼になって眠気がやってくることもあり、その症状は本当にさまざまです。しかし、夜眠れなくなることで日の光を浴びなくなります。日の光は身体のバイオリズムを安定させる効果があり、ストレスも軽減してくれる効果もあります。その光を浴びずに過ごしているとさらに症状は悪化し治りにくくなっていきます。光療法はその日の光を病院内で浴びることができる照明を体に当てて治療を行なっていくものなのです。病院で診断され、そのような治療が必要とされれば光療法を使って治していくことがあります。普段の生活習慣でもできるだけ日の光を浴びることができるようにすれば、睡眠障害を改善させていくことができるようになり、ストレスにも強くなっていくのです。