ストレス診断で心の状態を調べる|究極の精神安息術を指南

病気を引き寄せない

病棟

ストレスが溜まりすぎてしまうことで自律神経失調症やうつ病を引き寄せてしまう可能性が高くなります。病気だと診断されればその後は治療に専念しなければいけない可能性もあります。そうならないようにするために脳を鍛えることが大事です。

Read More...

神経が緊張して不眠症に

相談

ストレスを溜め込みすぎることで睡眠障害を引き起こしてしまうことがあります。夜眠れずに過ごしてしまい朝や昼に眠気がやってきて仕事や学業に支障をきたしてしまう人もいるのです。睡眠障害だと診断されればその症状に適した治療が行なわれるようになります。

Read More...

元気な自分でいる為に

診断

こころの疲れをチェック

毎日が忙しくて疲れがたまっているのに、気づかない人が非常に多いです。仕事のプレッシャーや思うようにいかない子育てのイライラなど、年を重ねることの老いに対する不安、子供は学校や友人関係の悩みなど、今は男性女性限らず、子供から大人まで様々なストレスを抱えて生きています。現代社会は便利になったことによって時間もお金も自由になることが増えたことによって、いろいろな考え方も生まれ生活スタイルも個人個人違ってきているので、周りに合わせることへのストレスも増えてきています。最近、疲れてるなと感じたり、よく眠れない、食欲がない、など気になることがあったら精神安息術であるストレス診断を受けてみて下さい。ネットでもいろいろなサイトで簡単にチェック項目にチェックするだけで、ストレス度がわかるので、気軽に試してみると良いと思います。主なチェック項目は睡眠の質に関するものや、食事に対する意識が正常かどうかを見ます。ストレスが溜るとこれらの欲求が疎かになってしまいがちなので、この2つを知ることがうつ病などの発見に繋がるのです。また、他には仕事や勉強に対してのやる気、そして思考力が正常に働くかどうかを確認する場合もあります。これらのチェックであてはまる項目が多いほど、ストレスを溜めていると判断できるのです。診断結果を参考にあまり結果が良くない時は、専門家の先生に相談してみることをすすめます。たかがストレスぐらいと思っていると、気づかないうちにうつ状態になってしまってさらに苦しい状態になってしまう前にぜひ、診断結果をしっかり受け止めて休養をとったり、リフレッシュする時間を意識して作って下さい。

自分のこころの声を聞く

これほどまでに、ストレスによってこころの病気が増えてきていると、会社などでも積極的にストレス診断を取り入れているところが増えてきました。今は10人に1人はうつ病になると言われている現代社会です。産業医をおくところも増えましたし、学校などにもカウンセラーが派遣されたりと対策が進んでいます。それでも、数多くのひとが様々なストレスと向き合い、なかなか相談したり休養がとれないのが現状です。ストレス診断が人気になったのは、気軽にチェックできることです。診断をすることによって自分のことを客観的に見ることができます。人はなかなか自分の弱い部分や心で思っていることを上手く外に出せない人が多いです。他人に弱い自分を見せたくないとか、馬鹿にされたくない、などつい自分を大きく見せようと頑張ります。頑張ることは悪いことではありませんが、頑張り過ぎると自分の身体がついていけなくて危険信号を出すのです。そのサインに早く気づいて対処するために、定期的にストレス診断を行うことが重要です。長い人生の中には、人それぞれ環境の変化があります。楽しいことばかりではなく辛いことや悲しい出来事も体験すると思います。日々人は、環境の変化に対応しながら成長していきます。でも人にこころがある限り感情のバランスが乱れたり、体調を崩すことだってあるのです。その変化に早く気づいてあげられるように診断もこまめにチェックすると、今の自分の問題点に早く気づけるきっかけになると思います。

セロトニンの必要性

顔を覆う人

セロトニンを脳内に分泌させていくことでストレスに強い脳になっていきます。そのセロトニンが不足していくことで自律神経失調症やうつ病を発症してしまうことにつながり、病院で診断を受けて治療をしなければいけないことになります。

Read More...